【天気痛予報】週末のうちに早めに対策を 来週は頭痛などの天気痛症状の発症に注意

【天気痛予報】週末のうちに早めに対策を 来週は頭痛などの天気痛症状の発症に注意

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2021/06/11
No image

2021/06/11 11:50 ウェザーニュース

天気痛とは、気圧や湿度・気温などの変化に影響を受け、引き起こされる不調や痛みです。

天気痛予報のランクでは週末に西日本中心に「安心」のところもありますが、北日本や東日本などで「やや注意」のところが多くなります。

また、週明けになると広い範囲で「注意」や「警戒」となる予想ですので、影響を受けやすい方は週末のうちに早めに対策をしておきましょう。

来週はスッキリしない天気が続き、天気痛ランクは「注意」や「警戒」

No image

予想天気図 12日(土)~17日(木)

週末から週明けにかけて梅雨前線は本州の南海上に接近し停滞しますが、週の中頃には一時的に南海上に離れる見込みです。

ただ、週明けに前線は離れても北日本中心に上空の寒気が通過する影響があり、全国的にスッキリしない天気となる予想です。

梅雨前線の動向によって天気や気温の差が大きく、身体への負担も違ってきます。急に痛みや不調を感じたら早めにマッサージなどで対策をしておくといいでしょう。

天気痛予報を参考に事前の対策を

毎日決まった時間に起こる「大気潮汐」と呼ばれる気圧変化の変動が大きくなることに加え、天気によっても晴れた日と雨の日などにより、一日の中でも天気や気温、湿度の変化が大きくなるので身体への負担がかかります。

ご自身の体調変化などのパターンと照らし合わせて、天気痛が発症する前に予防薬やマッサージなどで対策をしてみてください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加