岡山県初の飲食店時短要請がスタート 岡山市中心部2500の対象店舗からは...悲痛の声【岡山・岡山市】

岡山県初の飲食店時短要請がスタート 岡山市中心部2500の対象店舗からは...悲痛の声【岡山・岡山市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2021/05/04
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、岡山県では初となる飲食店への時短要請が5月3日から始まりました。

書き入れ時のゴールデンウィークを含む時短要請に、飲食店からは悲痛な声が上がっています。

(午後7時前・ラストオーダー)

「営業時間が午後8時までに時短営業。アルコールが午後7時までの提供なのでアルコールのみラストオーダー取らせて下さい。」

岡山市中心部で3日から始まった飲食店への時短要請。酒の提供は午後7時まで、営業は午後8時までに終了するよう求めています。

要請に協力した飲食店には、売上などに応じて1日あたり2万5000円から20万円の協力金が支払われますが、中には時短要請の期間中、休業を決めた店もありました。

(客は…)

「居酒屋に来て午後8時までか…と。」

「本当はもうちょっと飲みたいが早く帰ろうかなと。必ず守ります。」

(中島悠希記者)

「午後8時。例年ならGWで賑わうはずの繁華街だが時短要請を受け店は扉を閉め閉店作業に移っている。」

時短要請の対象は市中心部の1キロ四方にある約2500の飲食店です。

エリアの選定について岡山県と岡山市は、過去の飲食店クラスターのほとんどがこのエリアで発生していることなどを挙げています。

(時短要請対象の飲食店(岡山市北区本町))

「何でこの区間だけなんだろうと。向こうに行ったら午後8時以降も営業していいと聞き不平等だなと。」

こちらの店では、損失を補填しようと営業時間を2時間早めることにしました。

(時短要請対象の飲食店は…)

「早く空けて夜来られない客を昼に招いて楽しく食事をしてもらうのがねらい。」

要請の午後8時から1時間半が経った午後9時半頃の繁華街の様子です。時短要請の影響で明りを消している店が多くいつもの同じ時間に比べ人通りも少ないように見えます。

ゴールデンウィークは飲食店にとって書き入れ時、2020年の緊急事態宣言下では休業していた店も多く、2年連続で新型コロナに客を奪われる形となりました。

(飲食店の店長は…)

「1番稼ぎ時なのに営業できない。時間を短くするというのは…大変。」

感染拡大防止に向けた時短要請は5月16日まで。飲食店にとっては我慢の時が続きます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加