中島健人×小芝風花「彼女はキレイだった」キャスト&あらすじ【まとめ】

中島健人×小芝風花「彼女はキレイだった」キャスト&あらすじ【まとめ】

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/07/20
No image

「彼女はキレイだった」ロゴ

中島健人Sexy Zone)と小芝風花がダブル主演を務める2021年7月期のドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜よる9時~放送)。ここではあらすじやキャストをまとめて紹介する。

原作は、「キム秘書はいったい、なぜ?」「梨泰院クラス」のパク・ソジュンと「キルミー・ヒールミー」「恋のトリセツ ~フンナムとジョンウムの恋愛日誌~」のファン・ジョンウムがダブル主演を務め、2015年に韓国で放送された人気ラブコメディーだ。

あらすじ

子どものころは優等生美少女だったが、いまやすっかりダサくなった自分の容姿やうまくいかない人生に落ち込む愛(小芝)は、アメリカに引っ越してしまった初恋の相手・宗介(中島)が帰国するという連絡を受ける。再会に心躍らせる愛だったが、さえない男子から洗練されたクールな男に成長した宗介の姿を見て、いまの自分と比べてショックを受ける。幻滅されることを恐れ、急きょ親友・梨沙(佐久間由衣)に自分の代役をしてもらう。その後、出版社に就職した愛は、ひょんなことから“最恐毒舌”な宗介の部下に。宗介は、本当の初恋の相手だと気づかず、愛に厳しく当たる。

長谷部宗介(演:中島健人)

愛の初恋の相手。アメリカから帰国し、「ザ・モスト」の副編集長に就任する。合理的で超成果主義で、部下に厳しすぎる。梨沙のことを愛だと思っている。

佐藤愛(演:小芝風花)

No image

小芝風花

宗介の初恋の相手。幼いころはスーパー美少女だったが、無職の残念女子に。宗介との再会に喜ぶも、今の自分に幻滅されるのを恐れて、代役を立てる。明るく元気な性格だが、自分の容姿に自信がない。

樋口拓也(演:赤楚衛二)

No image

赤楚衛二

「ザ・モスト」編集部員。ムードメーカーで仕事の評判も良い。編集部で働き始める愛に興味を持ち、宗介の恋のライバルとなっていく。

桐山梨沙(演:佐久間由衣)

No image

佐久間由衣

愛の親友で同居人。レストランのマネージャーをしている。美人で男性からのお誘いが絶えないが、本気の恋愛をしたことがない。愛の代わりに会った宗介に惹かれていく。

「ザ・モスト」の関係者

里中純一 演:高橋優斗HiHi JetsジャニーズJr.
「ザ・モスト」編集部員」。デジタル班のデジタル・エディターで皆の弟分。(「高」は「はしごだか」が正式表記)

須田絵里花 演:宇垣美里
「ザ・モスト」編集部ビューティー班。玉の輿を狙う肉食女子。

岡島唯子 演:片瀬那奈
「ザ・モスト」編集部ファッション班のエグゼクティブ・ファッション・エディター。創刊時から編集に携わり、「ザ・モスト」を心から愛している。部下に厳しく接するが情に厚い。

宮城文太 演:本多力
「ザ・モスト」編集部のエグゼクティブ・デジタル・エディター。10年前は図鑑を作る部署にいた。

東今日子 演:寒川綾奈
「ザ・モスト」編集部ファッション班のファッション・エディター。ファッション誌の仕事がしたくて田舎から上京しており、上昇志向も強い。

風見若葉 演:村瀬紗英
「ザ・モスト」編集部ビューティー班のアシスタント。エディターになるべく奮闘中。

小松麻利奈 演:山田桃子
「ザ・モスト」編集部ファッション班のアシスタント。

池沢蘭子 演:LiLiCo
「ザ・モスト」のお飾り編集長。「ザ・モスト」を発行する文講出版社の親会社・文講グループ会長の妹。

岸田庸司 演:木村祐一
文講出版・常務。採算の取れないザ・モストをお荷物扱いしており、廃刊にしたいと思っている。

愛の家族

佐藤豊 演:菅原大吉
愛の父親。印刷所を営んでいる。

佐藤明里 演:松田陽子
愛の母親。元校閲者。

佐藤桃 演:吉田莉桜
愛の妹。女子高校生。

そのほかの登場人物

愛の子ども時代 演:白水ひより

宗介の子ども時代 演:高木龍之介

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加