《阪神・淡路大震災27年》「スロースリップ(ゆっくりすべり)」進む研究、地震メカニズム解明に向け

《阪神・淡路大震災27年》「スロースリップ(ゆっくりすべり)」進む研究、地震メカニズム解明に向け

  • ラジオ関西
  • 更新日:2022/01/16

「ゆっくり地震・ゆっくりすべり」とも呼ばれる「スロースリップ」現象が注目されている。陸のプレート(岩板)と、その下に沈み込む海洋プレートの境界面が”ゆっくりとずれ動く”現象のことだ。この研究を進めると、2050年までに発生の確率が70~80%と予測される南海トラフ巨大地震の短期・中期予測につながる可能性があるのではないかとの見方もある。「はりま地盤・地震研究会」代表で日本地震学会会員の西影裕一さんに聞いた。(取材協力・ 地震調査研究推進本部・京都大学防災研究所・第五管区海上保安本部)

「スロースリップ(ゆっくりすべり)」進む研究、地震メカニズム解明へ

No image

太平洋側から見た日本列島<※画像提供・第五管区海上保安本部>

・・・・・・・・・・・・・・

地面がグラッと揺れたら、地震が起きたと感じる。なぜか?通常の地震は断層が”高速”で岩盤中をすべり、地震波を放出するからである。一方で、スロースリップ(ゆっくりすべり)という、文字通り「ゆっくりすべる」現象が2000年頃発見された。スロースリップはスロー地震と呼ばれる現象の1つ。通常の断層に比べ、まさに断層がゆっくりと滑るので、私たちは揺れに気づかず、直接被害が出ることはない。

No image

通常の地震は断層が”高速”で岩盤中をすべり、地震波を放出する<※画像提供・第五管区海上保安本部>

No image

「ゆっくりすべり」地震学用語 通常の地震によるプレートのすべりよりも、はるかに遅い速度ですべる<※画像提供・第五管区海上保安本部>

2011年、東日本大震災を引き起こした東北地方太平洋沖地震は、スロースリップの広がりによって、東北地方太平洋沖地震の破壊開始点へ集中して力が作用し、本震の発生を促した可能性があるといわれている。
現在、他の大規模地震の前震活動について調査が進められており、本震の破壊開始点付近でスロースリップが起こったのではないかと思われる事例が多数見つかった。

No image

南海トラフ想定震源域 海上保安庁は2015年6月までの約4年間に蓄積した観測データを解析、南海トラフ巨大地震の想定震源域で東日本大震災後の海底の移動速度をとらえ、おおむね北西方向に1年で最大で約6cmと判明した<※画像提供・第五管区海上保安本部>

国では複数の研究機関が地表の動き(地殻変動)を監視している。それらのうち、国土地理院と国立大学法人が中心となって全国約1400箇所に電子基準点(GNSS連続観測点)を設置している。

No image

海底地殻変動観測 海上保安庁が世界で初めて実用化、海底の動きをセンチメートル単位で測定可能に<※画像提供・第五管区海上保安本部>

以下の写真1、左側は兵庫県姫路市安富町に設置されている電子基準点。外観は高さ5mのステンレス製ピラーで、上部にGNSS衛星からの電波を受信するアンテナ、内部には受信機と通信用機器等が格納されている。右側には産業技術総合研究所が地下水の観測施設を設置している。これは岡山県美作市から兵庫県三木市に至る「山崎断層帯」の安富(やすとみ)断層を調査するためで、地震発生と地下水変化の関係を調査している。

No image

電子基準点(兵庫県姫路市安富町)<2022年1月10日撮影 ※画像提供・西影裕一さん>

また、京都大学防災研究所は兵庫県姫路市安富町を走る中国自動車道の地下を掘削し、山崎断層安富観測坑を設置した。写真2はここに設置した伸縮計の一部。伸縮計を用いて地殻変動の連続観測を行っている。以前に行われた7年間の観測期間中、地殻に「伸→縮→伸」の変化が見られたことがあった。

No image

京都大防災研究所が設置・伸縮計の一部 <2000年4月24日撮影 ※画像提供・西影裕一さん>

防災科学技術研究所・国立大学法人・気象庁を中心として陸と海底に合わせて約1500箇所に高感度地震を設置し、高感度地震観測網を作り微小地震を観測している。写真3は兵庫県姫路市夢前町山之内に設置された高感度地震観測施設。高感度地震計はわずかな揺れでも検出するため、地表近くでは「地表の揺れ」を検出してしまう。このため地下約100mの観測井を掘削し、その底に高感度地震計を設置して観測している。ここで捉えた地震観測データは関係機関に電送されている。

No image

高感度地震観測施設(兵庫県姫路市夢前町山之内)<2022年1月10日撮影 ※画像提供・西影裕一さん>

ほかにも地球電磁気の観測など様々な観測によって、地震発生のメカニズムの解明が進められ、また地震発生の可能性等に関する調査が行われている。これらの研究をもとにして地震による被害を軽減することを願う。

No image

西影裕一さん 「はりま地盤・地震研究会」代表(日本地震学会会員)

ラジオ関西

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加