6割が何気ない一言で人を傷つけた経験あり 多感な年頃にはとくに注意を

6割が何気ない一言で人を傷つけた経験あり 多感な年頃にはとくに注意を

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/10/17

言葉は、人に寄り添うこともあれば、傷つけることもある。何気ない一言が相手を傷つけるために、あつかいにくいものだともいえるだろう。

画像をもっと見る

■「人を傷つけた」6割も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,880名を対象に、「言葉について」の調査を実施した。

No image

「何気ない一言で人を傷つけてしまったことがある」と答えた人は、全体で62.0%だった。

関連記事:2人に1人が心の狭さを自覚 「気づいてさえいない人がほとんど」との声も

■多感な年頃の人に

性年代別では、多くの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

No image

多感な年頃の人を相手にするときは、注意したほうがいいだろう。

「職場にいるバイトの大学生の頬に大きなニキビができていたので、『ニキビができて痛そう、大丈夫?』と声をかけたら黙り込んでしまった。

こちらは気をつかって言ったつもりだったけれど、あちらは気にしているために触れられたくなかったみたい。若い子の気持ちって、繊細なのだと改めて思った」(30代・女性)

■自分では気づかない人

人を傷つけるようなことを言っても、自分では気づかない場合もある。

「うちの夫は普段からかなり失礼なことを言っているけれど、おそらく自分では気づいていない。なぜなら失言した後に、まったくなにもなかったように話しかけてくるから」(40代・女性)

「うちの上司は自己顕示欲がかなり高く、自分をよく見せるために人を下げるような発言を平気でしている。ただ本人は、悪いことを言っているとはわかっていないよう」(20代・女性)

■喧嘩の勢いで言った言葉が

何気ない一言で、人生が変わってしまうことも。

「昔付き合っていた人にそんな気はなかったのに、喧嘩した勢いで『それじゃあ別れよう』と言ってしまった。相手はそれに傷ついてしまい、そこから気まずい関係に。

最終的にはそれが引き金となり別れることになったので、それからは自分の言動には責任を持たなければと思っている」(20代・女性)

言葉を選びすぎて、当たり障りないことしか言えなくなるのも問題だ。人との深い付き合いには、相手を傷つける可能性があるということだろう。

・合わせて読みたい→城田優、好きな人から直接言われて傷ついた一言 「めっちゃツラい…」

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代の男女1,880名(有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加