【独自】持続化給付金詐欺 会社ぐるみ“マネロン”容疑で初摘発 名古屋のコンサル役員ら逮捕 警視庁

【独自】持続化給付金詐欺 会社ぐるみ“マネロン”容疑で初摘発 名古屋のコンサル役員ら逮捕 警視庁

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2022/11/25
No image

新型コロナの持続化給付金を”会社ぐるみ”でだまし取り、その一部を隠匿していた疑いで、警視庁犯罪収益対策課は、名古屋市のコンサルタント会社の役員の男2人を逮捕した他、代表の男ら3人を再逮捕した。

【画像】持続化給付金詐欺、会社ぐるみのマネロン容疑で初摘発。連行の様子を画像で見る(3枚)

組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)の疑いで逮捕されたのは、名古屋市のコンサル会社「iNiDEP」役員・太田親幸容疑者と江部薫容疑者で、代表の谷逸輝容疑者と大学時代の同級生で役員の柳俊秀容疑者ら3人も再逮捕された。

5人は、嘘の申請でだまし取った持続化給付金の一部の740万円を、会社ぐるみで隠していた疑いがもたれている。

また、法人としての「iNiDEP」も書類送検されていて、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)を法人に適用して立件するのは全国で初めて。

犯罪収益対策課によると、主犯格は谷容疑者で、指南役とみられる柳容疑者らが、SNSで「給付金がもらえますが手数料を20万円貰います」と勧誘して、およそ200人に不正受給のやり方を指導していたとみられている。谷容疑者の逮捕は今回で7回目だ。

社会部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加