首位インテル10連勝、2位と勝ち点11差 ユーベはディバラに得点

首位インテル10連勝、2位と勝ち点11差 ユーベはディバラに得点

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/04/08
No image

20-21イタリア・セリエA第28節、インテル対サッスオーロ。チームメートのラウタロ・マルティネス(左)とゴールを喜ぶインテルのロメルー・ルカク(2021年4月7日撮影)。

【AFP=時事】20-21イタリア・セリエAは7日、第28節の延期分が行われ、首位インテルはロメルー・ルカクの1得点1アシストでサッスオーロを2-1で下し、2位との勝ち点差を11に広げた。

ホームのインテルは10分、ルカクがアシュリー・ヤングのクロスに頭で合わせて先制に成功。セリエAでの今季のゴール数を21に伸ばしたルカクは後半、ラウタロ・マルティネスの追加点もお膳立てした。

85分、ハメド・ジュニオール・トラオレに1点を返されたインテルだったがこのまま逃げ切り、リーグ10連勝を飾って11シーズンぶりのスクデット(リーグ制覇)にまた一歩近づいた。

一方、第3節の延期分に臨んだ王者ユベントスは、得点ランキングで首位に立つクリスティアーノ・ロナウドが先制点をマークすると、約3か月ぶりの復帰を果たしたパウロ・ディバラにもゴールが生まれ、ホームでナポリに2-1で勝利した。

ユベントスは直近2試合で下位のベネベントとトリノから1ポイントしか挙げられず、リーグ10連覇へ向けて失速していたが、これで勝ち点で並んでいたナポリを上回り3位に浮上。来シーズンの欧州チャンピオンズリーグ出場権を目指す上では非常に重要な勝利となった。

ユベントスとインテルとの差は12ポイントとなっている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加