浦和にけん責と罰金300万円、全席指定もサポ移動

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/22

Jリーグは22日、昨年10月31日の大分トリニータ-浦和レッズ戦(昭和電ド)において、新型コロナウイルス感染対応ガイドラインなどに対するサポーターの違反行為があったとして、両クラブへの懲罰を決定した。浦和にはけん責と罰金300万円、大分にけん責処分が科された。

アウェーの浦和は、全席指定にもかかわらず、約40人のサポーターがスタジアム上段席に移動し、立ち見で応援するなどの行為を行った。大分は、一部のサポーターが浦和サポーターのもとに突入を試みたことなどが理由となった。オンラインで会見した村井満チェアマンは「熱狂的なサポーターは素晴らしいが、違反行為をくりかえすこととの混同があってはならない」と険しい表情で語った。

またJリーグは、昨年10月に、ベガルタ仙台MF道渕諒平が知人女性への暴行問題をきっかけに解雇された件について、チームに対し、今月15日付で注意喚起する文書を送ったことを明らかにした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加