本玉真唯 初のWB本戦入り

本玉真唯 初のWB本戦入り

  • tennis365
  • 更新日:2022/06/24
No image

本玉真唯 : 画像提供 Getty

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は23日、女子シングルス予選決勝が行われ、予選第9シードの本玉真唯が世界ランク266位のL・サン(スイス)を6-7(9-11), 6-2, 6-3の逆転で破り、初の本戦入りを決めた。

3試合に勝利すると本戦に出場できるこの予選。本玉は今大会がウィンブルドン初挑戦。予選1回戦では世界ランク295位のS・ワグナー(ドイツ)をストレートで、予選2回戦では同195位のL・カブレラ(オーストラリア)を逆転で破った。

この日、本玉は第4ゲームに最初のブレークを許すも、直後にブレークバック。第6ゲームでもブレークされるも、第9ゲームで再びブレークバックに成功する。しかし、タイブレークの末に競り負けて第1セットを落とす。

続く第2セット、先行された本玉だったが第2・第8ゲームでブレークを奪い、1セットオールに。ファイナルセットでは第1ゲームからブレークを奪われるも、第2・第4ゲームでブレークに成功。約2時間半の一戦を逆転で制し、大会初出場ながら初の本戦入りを決めた。

日本勢では本玉の他に、世界ランク180位の内島萌夏と同193位の内藤祐希が出場。内島は第16シードのF・フェロ(フランス)に、内藤は世界ランク201位のA・ラザロ ガルシア(スペイン)にそれぞれフルセットで敗れ、初戦敗退を喫している。

また、27日から始まる本戦には世界ランク100位の土居美咲が出場する。一方、世界ランク43位の大坂なおみは負傷により欠場が決まっている。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加