ホンダ、AI活用で運転時のヒューマンエラーゼロを目指す「知能化運転支援技術」など世界初公開 2050年に交通事故死者ゼロへ

ホンダ、AI活用で運転時のヒューマンエラーゼロを目指す「知能化運転支援技術」など世界初公開 2050年に交通事故死者ゼロへ

  • Car Watch
  • 更新日:2021/11/25

2021年11月25日 発表

No image

本田技研工業は11月25日、運転時のヒューマンエラーゼロを目指す知能化運転支援技術搭載車両など、現在開発を進める先進の将来安全技術を世界初公開した。ホンダでは、AI(人工知能)や通信技術を活用しながら「2050年に全世界でホンダの二輪・四輪が関与する交通事故死者ゼロ」の実現を目指す。

今回、公開された「知能化運転支援技術」では、世界初となるAIを活用することにより、一人ひとりの能力や状態に合わせ、運転ミスやリスクを減らすことを目指す。また、通信技術を活用した「安全・安心ネットワーク技術」により、すべての交通参加者である人とモビリティが通信でつながることで、事故が起きる手前でリスクの予兆・回避をサポートすることを目指す。

ホンダでは、これら先進の将来安全技術によって、すべての交通参加者が交通事故リスクから解放され、安心して自由に移動できる社会の実現を目指すとしている。

2020年代後半の実用化を目指す「知能化運転支援技術」

AIを活用する「知能化運転支援技術」では、運転時のヒューマンエラーゼロを目指し、脳が機能している活動部位を、血流の変化から画像化する方法の1つ「fMRI(磁気共鳴機能画像法)」を用いた、独自の脳活動とリスク行動の解析により、ヒューマンエラー要因を解明。ドライバーモニタリングカメラや運転操作から運転中に生じるミスの予兆を推定する。

今回、視覚・触覚・聴覚でリスクを伝える「リスクインジケータ」「シートベルト制御」「立体音響」、眠気や疲労軽減をするためシートバックから振動刺激する「バイオフィードバック」など研究開発中の技術を搭載した実験車両を公開。

今後、ホンダでは「知能化運転支援技術」をさらに進化させ、2020年代前半に要素技術確立、2020年代後半の実用化を目指し開発を継続。これにより、従来の“リスクに直面してから回避する”運転支援を、“リスクに近づかせない”AI運転支援に進化させ、事故の原因の90%以上を占めるヒューマンエラーゼロを目指すとしている。

2030年以降の社会実装に向けて取り組む「安全・安心ネットワーク技術」

一方、通信技術を活用した「安全・安心ネットワーク技術」では、路側カメラ、車載カメラやスマートフォンからの情報を通じて検知した交通環境に潜むリスクをサーバーに集約し、仮想空間上で交通環境を再現。仮想空間上では、人の状態・特性を考慮した上で事故リスクの高い交通参加者の行動を予測・シミュレーションし、リスクを回避できる最適な支援情報を導き出す。それら支援情報を「協調型リスクHMI(ヒューマンマシンインターフェース)」により、四輪/二輪運転者や歩行者へ直感的に知らせることで、事故が起こりうる手前で未然に回避行動を促す。

ホンダでは、2030年以降の社会実装に向け、2020年代前半にシステム構築、効果検証を完了させ、2020年代後半に標準化することを目指し、業界・官民一体の取り組みを加速していくとしている。

本田技術研究所 代表取締役社長 大津啓司氏は「Hondaは、すべての交通参加者の移動リスクをゼロにすることを目指し、『安全』と一人ひとりの『安心』を新たな価値として提供していきます。この価値を具現化する、将来安全技術を通して、『2050年に全世界で、Honda の二輪・四輪が関与する交通事故死者ゼロ』の実現に取り組んでいきます。お互いが思いやり、自由な移動が可能となる事故に遭わない交通社会の実現に向け、業界や官民一体で取り組みを加速させていきます」とコメントしている。

編集部:椿山和雄

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加