池江璃花子「新しいチームでリレーを組むことができてうれしい」/競泳

池江璃花子「新しいチームでリレーを組むことができてうれしい」/競泳

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/04/08

競泳日本選手権第6日(8日、東京アクアティクスセンター)東京五輪代表選考会を兼ねて行われ、女子100メートル自由形は池江璃花子(20)=ルネサンス=が53秒98で優勝。100メートルバタフライとの2冠を達成した。個人種目の派遣標準記録には届かなかったが、400メートルリレーの選考基準を満たし、400メートルメドレーリレーに続く代表入りを果たした。

池江は「53秒台を出せたのはうれしいけど、もうちょっと出したかったのが正直な気持ち。ギリギリではあるけど、新しいチームでリレーを組むことができてとてもうれしい」とホッとした表情。「予選からしっかりいいレースができた。決勝では53秒を出すという目標を立てていたので達成できてうれしい」と今後に手ごたえをつかんでいた。

No image

女子100メートル自由形決勝、五十嵐千尋(右)と笑顔で抱き合う優勝した池江璃花子=東京アクアティクスセンター(撮影・恵守乾)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加