恋愛の必要性/巴奎依の社会不適号8

恋愛の必要性/巴奎依の社会不適号8

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2020/11/20
No image

撮影=山口宏之

恋愛って、そんなに必要なものなのでしょうか?

少子化問題とか、孤独死とか。そういった論理的な問題はさておき。

一応、なんとなく理解はしているんです。恋愛の必要性について。

理解はしている……のですが、こう、大きな声で「恋愛っていいよね!」「恋愛こそ人生の楽しみ!」みたいに言われてしまうと、どんどん遠ざかっていってしまう自分がいます。

私は絶対に恋愛映画を観ません。登場人物みんなが恋愛をしたいと思っていて、必ず誰かが誰かを好きで…という当たり前が、私にとっては当たり前じゃなかったんです。

好きな人より、嫌いな人ならすぐ思い浮かぶんですけど。嫌いな人の方がたくさんいるものではないんですか?

そういうふうに大声で恋愛の良さみたいなものを叫ばれるから、どうしても視界の端にチラチラと映ってしまって、より苦手になっていってしまう。

思えば学生の頃は、恋愛至上主義なクラスメイトに違和感を感じながら、俯いて漫画を読んでいた気がします。

そこが、友達ができるか否かのボーダーラインだったのかもしれません…。

恋愛を嫌いになる理由は、あげればキリがないほどあげられます。

例えば、髪を切ったら失恋だと噂される。趣味が変わったら、恋人の影響だと噂される。猫を飼えば、恋人と別れたと噂される。

そもそも噂話というもの自体、品性がないなと思うのですがさらにすべてを恋愛に繋げる思考は、とても浅はかだなと思うんです。

その中でもNo. 1に嫌いな理由は、大抵の人が恋愛は絶対的にするものだと思っているから、恋愛嫌いの心に気付かず踏み込んでくるところです。

気付けないのが悪いのか、恋愛嫌いなのが悪いのか、メディアが悪いのか、難しい問題ですがこれを見極めることってめちゃくちゃ大切だと思うんです。

恋愛に必要性を見出せない人と恋愛しようとしたって、できるわけないじゃないですか。小麦アレルギーの人は小麦が食べられないわけですから。

恋愛に対して一定層そういう人種がいるという事実は、もっと広まるべきだと思うんです。様々なタイプがいるとは思いますが、もはや恋愛モードを感じるのも嫌だったり。

私の大きな目標に「搾取されるな」というのがあります。

金銭はもちろん、愛情や信用、すべて引っくるめて、自分を搾取されるな、という目標。

恋愛に必要性をあまり感じていないのは、そこからきているんだと思います。

どんな関係にも無償の愛なんて無くて、この世はすべてギブ&テイクだと思っているので、搾取されそうだと感じたときに、めちゃくちゃエラーが出てしまうんです。心の中の恋愛と搾取のシーソーが、人と少し違うのかもしれません。

ともえ・けい
1月5日、東京都出身。2012年よりA応P(アニメ“勝手に”応援プロジェクト)のメンバーとして活動をスタート。2020年8月2日に、A応Pを卒業。「DJサブカルクソ女」としても活動中。社会不適合者(自称)。

ハートフルが怖い/巴奎依の社会不適号⑦

ダ・ヴィンチニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加