丸田陽七太「楽しんでいる姿を」、阿部麗也「阿部政権が始まる」 前日計量クリア/ボクシング

丸田陽七太「楽しんでいる姿を」、阿部麗也「阿部政権が始まる」 前日計量クリア/ボクシング

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/05/14
No image

前日計量をクリアした丸田陽七太(左)と阿部麗也

プロボクシングWBOアジア・パシフィック(AP)フェザー級王座決定戦、日本同級タイトルマッチ(東京・墨田区総合体育館)の前日計量が14日、東京・墨田区のモクシー東京錦糸町で行われた。WBOAP1位、日本王者の丸田陽七太(25)=森岡=はリミットより300グラム軽い56・8キロ、WBOAP3位、日本1位の阿部麗也(29)=KG大和=は100グラム軽い57・0キロでともに1回でクリアした。

日本王座の2度目の防衛と2本目のベルト獲得を目指す丸田は「体重のアンダーに関しては今朝、関西から来ているので、ちょっと余裕を持って。力まず、一発狙いになりすぎず。楽しんでいる姿を見せたい」と自然体だった。

応援団は関西から約180人、東京から約60人の計240人が来場予定。「東京でも毎回ホームの雰囲気でやらしてもらっている。アウェーを感じたことはない」と感謝した。

対する阿部は3度目のタイトル戦。過去2度は1敗1分けと逃している。「死に物狂いで取らないといけない。かといって硬くなってはいけないので、楽しんでやりたい」とこちらも〝楽しむ〟ことをテーマにした。「丸(田)ちゃんには負けてもらって、阿部政権が始まる」と笑顔で〝政権交代〟を誓った。

プロ戦績は丸田が14戦12勝(9KO)1敗1分け、阿部が26戦22勝(10KO)3敗1分け。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加