【高校野球】京都国際・森下瑠大がプロ志望明言 「上の世界でやりたい」「プロ1本でいくと思う」

【高校野球】京都国際・森下瑠大がプロ志望明言 「上の世界でやりたい」「プロ1本でいくと思う」

  • フルカウント
  • 更新日:2022/08/07
No image

京都国際・森下瑠大【写真:荒川祐史】

森下は先発のマウンドに上がるも3回5安打4失点で降板

第104回全国高校野球選手権大会は6日、阪神甲子園球場で大会初日第3試合が行われ、昨夏ベスト4の京都国際(京都)が一関学院(岩手)に延長11回、5-6でサヨナラ負け。先発のマウンドに上がり3回5安打4失点で降板したエース左腕・森下瑠大投手(3年)は試合後、「プロ1本でいくと思う」と明言した。

今春の選抜では出場が決まっていながら新型コロナウイルスの集団感染で出場辞退。左肘痛から復活を果たした森下は京都大会で2試合に登板し、聖地のマウンドに帰ってきたが初回に3点を失うなど4回4失点で降板。延長サヨナラで敗れたが「甲子園は一番楽しい場所。地方球場とは全然、違う雰囲気。自分の力を一番、出させてくれる場所だった」と涙はなかった。

今後の進路については「上の世界でやりたいと思うので、プロ1本でいくと思う」と、プロ志望届を提出する意向を口にした。1年秋から背番号「1」を背負い、夏の甲子園初出場となった昨年はベスト4に貢献。学校の歴史を変えた最速143キロ左腕は「京都国際にはプロに行くために入らせてもらった。この経験を生かして、侍ジャパンで投げることを目標にしている」と語った。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加