「練った人事」「実務家」 与党、菅内閣の陣容評価

  • 時事通信社
  • 更新日:2020/09/16

与党からは16日、菅内閣の陣容を評価する声が相次いだ。自民党の二階俊博幹事長は「菅義偉首相が熟慮を重ねて、練りに練った感じだ。素晴らしい内閣のスタートだ」と記者団に述べた。

世耕弘成参院幹事長は、新型コロナウイルス対策が喫緊の課題となる中、「政策の強力な推進力を持っている菅首相が誕生したことは極めて意義がある」と指摘。新内閣の顔触れに関し、「極めて実務家が集まっている」と期待を示した。

一方、先の党総裁選で菅首相と争った岸田文雄前政調会長は「リーダーシップを期待する」と強調。石破茂元幹事長は「日本の課題が解決し始めたと実感できるようにお願いしたい」と求めた。

連立を組む公明党の山口那津男代表は「全体を配慮してよく練られた人事だ。総合力を発揮して国民の期待に応えたい」と語った。

時事通信社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加