県岐阜商、初戦の市和歌山・小園対策「チーム打撃」

県岐阜商、初戦の市和歌山・小園対策「チーム打撃」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

対戦相手が決まり、抱負を述べる県岐阜商の高木翔斗主将(代表撮影)

<センバツ高校野球:組み合わせ抽選会>◇23日

県岐阜商は優勝候補の一角として一戦必勝で挑む。

小園擁する市和歌山と初戦で激突。主将で今秋ドラフト候補の高木翔斗捕手(2年)は「(相手は)投打のバランスが取れたいいチーム。(小園とは)チーム打撃を心掛けてやりたい。学校として戦後初の優勝を成し遂げられるよう頑張りたい」と気合を込めた。

鍛治舎巧監督(69)は18年の母校復帰後、初の聖地でのトーナメント。「いいスタートを切りたいですね、まずね。いいスタートを切れれば。1戦、戦ってその中でいい試合をできれば、勢いは出てくる」。ユニホームを山吹色の色彩豊かなデザインに一新するなどチーム改革を進める。

甲子園春夏通算87勝は公立校最多。エース左腕の野崎慎裕(のりひろ、2年)はプロ注目で、昨季の主力も多く残る。春夏の優勝4度はすべて戦前。1940年春以来、81年ぶりの全国制覇も夢物語ではない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加