阪神の巨人戦勝ち越しが消滅 東京Dワースト8連敗

阪神の巨人戦勝ち越しが消滅 東京Dワースト8連敗

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/17
No image

巨人対阪神 5回表阪神2死、一ゴロに倒れ悔しそうにヘルメットを脱ぐボーア(撮影・鈴木みどり)

<巨人7-6阪神>◇16日◇東京ドーム

阪神が巨人に敗れ、今季このカードの勝ち越しがなくなった。先発の青柳晃洋投手(26)が5回途中5失点と打ち込まれ、2番手桑原謙太朗投手(34)も1回2失点と打線の勢いを止めることが出来なかった。

打線は終盤に反撃し、9回には大山悠輔内野手(25)の19号2ランで1点差にまで迫ったが、及ばなかった。巨人との差は今季最大の11・5ゲーム差に広がった。

今季早くもこのカードの勝ち越しが消滅した。阪神が巨人にシーズン勝ち越しを収めたのは、07年の14勝9敗1分けが最後。これで13年連続シーズン勝ち越しがなく、12年から9年連続負け越しのピンチだ。さらに、東京ドームでは開幕から8連敗。88年の同球場開場後最長の12年8連敗(2分け挟む)に並ぶワースト記録となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加