兵庫県でオミクロン株対応ワクチンの接種始まる まずは重症化リスクの高い人や医療従事者など対象

兵庫県でオミクロン株対応ワクチンの接種始まる まずは重症化リスクの高い人や医療従事者など対象

  • 関西テレビ
  • 更新日:2022/09/23

新型コロナウイルスのオミクロン株に対応したワクチンの接種が、兵庫県で始まりました。

オミクロン株に対応した新型コロナワクチンの接種が始まったのは、宝塚市と姫路市にある兵庫県の接種会場です。

接種の対象は高齢者など重症化リスクの高い人や医療従事者などで、3回目の接種を終えてから5カ月たっていることが条件となります。

宝塚市の会場では165人分のワクチンが用意されましたが、実際に接種を受けたのは50人ほどで、24日以降も予約枠に空きがあるということです。

【兵庫県 斎藤元彦知事】

「できるだけ(ワクチンを)打っていただきやすいような環境づくりをしていくことが、まずは大事かなと思っています」

来月11日以降は、1回目、もしくは2回目の接種を終えた18歳以上の全ての県民が、オミクロン株に対応したワクチンを受けられるということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加