通行止め開始時点で“既に車が滞留”か...大規模な立ち往生が発生した新名神高速 巻き込まれたドライバーの証言

通行止め開始時点で“既に車が滞留”か...大規模な立ち往生が発生した新名神高速 巻き込まれたドライバーの証言

  • 東海テレビ
  • 更新日:2023/01/25
No image

新名神高速道路でなぜ大規模な立ち往生が発生したのか、通行止めのタイミングは適切だったのでしょうか。

25日午後5時現在も、新名神の菰野ICと滋賀県の甲賀土山IC間の上下線で、断続的にトラックなどが立往生しています。

この区間が通行止めとなったのは、25日午前3時50分でした。

巻き込まれたドライバーは取材に対し「午前1時20分頃から鈴鹿PAを出られない」、また別のドライバーは「午前3時50分ごろに下りの菰野IC近くで立ち往生に巻き込まれ、その後に通行止めになった」と話しています。

つまり、通行止めが始まった時点で、すでに滞留していた可能性が高いとみられます。

通行止めのタイミングについて、NEXCO中日本は「降る雪に対して除雪作業が追いつかず、車が溜まり通行止めにした。事前の天気の予想など総合的に考えて判断した」と話しています。

三重県北部に大雪警報が発令されたのは午前7時半過ぎでした。

東海テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加