『真犯人フラグ 真相編』第12話でついに誘拐犯が判明 朋子×バタコは篤斗の病室でバトル

『真犯人フラグ 真相編』第12話でついに誘拐犯が判明 朋子×バタコは篤斗の病室でバトル

  • Real Sound
  • 更新日:2022/01/15
No image

『真犯人フラグ』(c)日本テレビ

日本テレビ系にて毎週日曜22時30分から放送中のドラマ『真犯人フラグ 真相編』第12話の場面写真が公開された。

参考:詳細はこちらから

本作は、企画・原案を秋元康が担当し、『あなたの番です』(日本テレビ系)制作スタッフが贈る、2クール連続の完全オリジナル新作ミステリー。ある日忽然と消えた妻と子どもたち。取り残された“悲劇の夫”相良凌介(西島秀俊)は、たったひとつのSNS投稿をきっかけに、日本中が注目する“疑惑の夫”に。社会的に追い詰められながらも、真実を暴く壮絶な戦いに挑んでいく。果たして凌介は、愛する家族を取り戻せるのか。

篤斗(小林優仁)の病室を訪れ、いきなり包丁を突き付ける女は朋子(桜井ユキ)。そこへ現れたのは、なんとバタコ(香里奈)だった。1月16日放送の第12話では、病室で朋子とバタコのバトルが勃発。一歩も引かない対決の行方、そしてとてつもなく強い意志を感じる、それぞれの目的とは。

さらに、失踪中の娘・光莉(原菜乃華)から「お父さんを殺してください」と告発された凌介(西島秀俊)。彼女の涙ながらの要求を叶えるべく、命を狙おうと監視するアカウントまで作られ、気の休まらない日々を過ごす。心配した瑞穂(芳根京子)と一星(佐野勇斗)が凌介の家を訪ねると、朋子も押しかけてくる。さらには、家の中からあるモノが発見される。ますます苦悩を深める凌介の前に姿を現したのはバタコ。危険人物とは知らず、接近を許してしまう凌介に危険が迫る。そして今回、ついに誘拐犯が判明する。 (リアルサウンド編集部)

文=編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加