eスポーツタイトルの年間1億分視聴を超えた5つのゲーム!スマブラ、シャドバと並びサービス開始半年のVALORANTも

eスポーツタイトルの年間1億分視聴を超えた5つのゲーム!スマブラ、シャドバと並びサービス開始半年のVALORANTも

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2021/01/14
No image

オンラインでの参加・観戦ができるeスポーツは、コロナ禍においても着実にその裾野を広げているジャンル。2020年はオフラインでの大規模大会は中止になることが多かったものの、オンラインでの配信を目にする機会も多かった。

2021年1月7日、配信技研が2020年に国内で開催された競技大会を対象にしたライブ配信の合計視聴時間を算出した結果を発表。その中には、eスポーツを代表する定番タイトルはもちろん、意外なタイトルも視聴されていることがわかる。

まずはその内容を俯瞰してみたい。なお、この視聴時間は、Tier1が1億分以上、Tier2が3,000万分以上、Tier3が1,000万分以上となっている。

■Tier1:1億分以上

League of Legends
Shadowverse
VALORANT
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
IdentityV 第五人格
PlayerUnknown’s BattleGrounds

■Tier2:3,000万分以上

Apex Legends
レインボーシックス シージ
ストリートファイターVシリーズ
PUBG MOBILE
荒野行動

■Tier3:1,000万分以上

スプラトゥーン2
グランブルーファンタジー ヴァーサス
プロ野球スピリッツA
モンストスタジアム
鉄拳7

No image

・期間:2020年1月1日~12月31日
・対象:日本国内で開催されたゲームの競技的大会
・単位:ライブ配信の視聴時間合計(分)

2019年にも同様の視聴時間の発表がされているが、前提として全体的に視聴時間が上がっている。この上で新たにTier1となったのが、『Shadowverse 』『VALORANT』『IdentityV 第五人格』の3タイトル。

特に注目すべきは『VALORANT』。本タイトルは2020年6月にサービスが開始されたPC用ゲームだが、わずか半年でTier1入りとなっている。本作は『League of Legends』(以下、LoL)のRiot Games開発のチーム型FPSで、競技要素の高いゲーム性が特徴。幾度のベータテストを経て配信され、今ではeスポーツチームの1ジャンルとしても確立している。

もちろん、eスポーツタイトルの代名詞的存在のLoLもTier1に入っている。配信技研によると、LoLは特に視聴時間が大きく、2019年に続いて「別格の結果」と評されている。これは1プレイのゲーム時間が長いという要因もあるだろうが、不動人気のeスポーツタイトルとも言える。

Tier1中5タイトルのうち、2つがRiot Gamesのタイトル。eスポーツという新ジャンルで同社は確実にポジションを獲得している結果となった。LoLをベースにしたRPGや格闘ゲームなどのうわさも出ており、2021年もその動向から目が離せない企業となりそうだ。

そのほか、シャドバと第五人格も新しくTier1入り。シャドバはRAGEをはじめとした大型イベントが好評で、今や国内カードゲームの定番と言っていい人気ぶり。カードゲームはどうしても配信が地味になりがちなジャンルだが、それでTier1入りはある意味拍手を送りたい。また、このリストには入っていないがカードゲーム人気が続いており、『ドラゴンクエスト ライバルズ』シリーズや『遊戯王 デュエルリンクス』も視聴時間を伸ばしているという。

第五人格は中国のNetEase Gamesが開発した非対称対戦型マルチプレイゲーム。スマホプレイヤーが多く、独自のファンイベントなども盛況だ。ゲーム業界では中国開発のタイトルが日本でも受け入れられており、開発力も目覚ましい向上をしていることから、今後の同社の展開にも期待したい。

Tier2、3には『Apex Legends』『PUBG MOBILE』『荒野行動』などのバトルロイヤルタイトルや『ストリートファイターV 』『鉄拳7』の格ゲーが入っている。これらのタイトルは、配信で見たときに状況が比較的わかりやすいという点が支持されているのではないかと考える。

特に格ゲーは、ウメハラ(梅原大吾)、ときど、ふ~どらスター選手が多数存在し、メディアで見たことがある方も多いだろう。野球などと同様に、スター選手の活躍がeスポーツ活性化のカギを握っていることは間違いない。

また、このリストには記載がないものの、RTA(Real Time Attack)ジャンルの飛躍が目覚ましいことも配信技研では触れている。「スピードラン」とも言われるこのジャンルは、ゲームを最初からプレイし、いかに早くクリアできるかを競うものだ。

配信技研によると、1つのゲームタイトルとしてカウントした場合、2020年の視聴時間は2億分以上になるという。この数字はTier1においても上位に匹敵する結果で、着実に国内でも人気ジャンルの1つになっていることが窺える。

実際、2020年12月に行われたイベント『RTA in Japan 2020』では、ドラクエやFFといった人気RPGを独自のとんでもプレイでスピードクリアするライブ配信が続出。同接6万人を超えたタイトルもあるなど、1つのゲームカルチャーと言っても差し支えないほどの人気だ。

各地で緊急事態宣言が発令されるなど、ゲームイベントのオンライン化は今年も続きそうな現状で観戦勢も増加しそうな2021年。視聴が捗るゲームや見せ方に期待したい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加