日本生命、マイナンバーカード使って保険金の請求促す 12月から

日本生命、マイナンバーカード使って保険金の請求促す 12月から

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/11/25
No image

"日本生命保険の看板=東京都千代田区"

日本生命保険は12月から、マイナンバーカードの情報を使って死亡保険金の請求を勧めるサービスをはじめる。保険の契約者が死亡し情報が失効したことを把握した場合に、受取人に知らせる。同社によると、マイナンバーカードの情報から保険金の請求を促すサービスを実施するのは業界で初めてという。

マイナカードに欠けるスマホの発想 サイボウズ社長「やめるなら今」

サービスは、日本生命の死亡保険契約者でスマートフォンアプリにマイナンバーカード情報を登録している約5万人のうち、60歳以上の高齢の契約者ら約1万人が対象となる。日本生命は年1回、野村総合研究所が提供する確認サービスを通じて、契約者のマイナンバーカードの失効情報を確認。失効していれば、役所への照会などで契約者の安否を確認した上で、保険金の受取人に請求手続きを促す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加