チェルシーのレジェンドも南野拓実のゴールを絶賛「あれこそが我々の見たかったミナミノ」

チェルシーのレジェンドも南野拓実のゴールを絶賛「あれこそが我々の見たかったミナミノ」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/02/21
No image

【写真:Getty Images】

イングランド・プレミアリーグ第25節のサウサンプトン対チェルシー戦が20日に行われ、1-1のドローに終わった。先制ゴールを挙げたサウサンプトンの日本代表MF南野拓実に対し、元イングランド代表のジョー・コール氏も賛辞を送っている。

先発で出場した南野は前半33分、スルーパスを受けて前線に抜け出して冷静なフェイントから先制ゴールを記録。チェルシーに追いつかれて勝利は逃したが、サウサンプトンの6連敗を止める上で大きな貢献を果たした。

元イングランド代表の技巧派MFであり、現役時代にチェルシーで活躍したコール氏も英『BTスポーツ』で南野のゴールを称賛。「ミナミノはわずかなスペースを見つけた。(ネイサン・)レドモンドからのパスのクオリティーも凄かったし、フィニッシュも見事だった」とコメントしている。

リバプールで出場機会を得られず苦戦していた南野だが、冬の移籍市場でサウサンプトンにレンタルされてから3試合で2得点。リバプールでプレーした1年間のリーグ戦得点数(1点)をすでに上回ったことになる。

「リバプールの選手として見られるはずだったプレーはこういうものだ。彼はここにいて、居場所を見つけた。素晴らしいフィニッシュだ」「あれこそが我々の見たかったミナミノだ。好調だったチェルシーからこの結果を出せたのはクラブにとって素晴らしい」とコール氏はさらに続けている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加