青空に漂うUFO雲 「吊るし雲」が出現

青空に漂うUFO雲 「吊るし雲」が出現

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2020/11/22

2020/11/22 12:59 ウェザーニュース

山梨県や長野県、群馬県からUFOのような「吊るし雲」の報告が寄せられています。

現在、日本海から本州に接近している寒冷前線に向かって南西から強風が吹いている影響で発生したと考えられます。

吊るし雲とは?

No image

吊るし雲とは?

吊るし雲は、高い山の風下に現れます。上空の風に乗って流れる普通の雲と違い、いちど出現すると場所がほとんど動かず、「吊されて」いるように見えるので「吊るし雲」と呼ばれています。

吊るし雲は
・「上空の風が強い」
・「湿った空気が存在する」
という状況の時に発生しやすくなります。

上空の強い風が高い山を越えたり回り込んだりするときに風下側で空気の波が起こり、風が上昇している部分で雲ができるのです。

時間が経過しても空気の波の形状は急には変化せず、風が上昇する場所で雲が出来て、風が下降する場所では雲が消えていくという現象を絶え間なく繰り返すことによって、同じ場所で雲が止まって見えるのです。

日本海の寒冷前線が南下して午後は日本海側から雨のエリアが広がります。「吊るし雲」は天気下り坂のサインと言えそうです。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加