「コロナで会社の売り上げが激減した」"パン屋"の男を強盗致傷容疑で逮捕 スーパーで従業員にケガ負わす

「コロナで会社の売り上げが激減した」"パン屋"の男を強盗致傷容疑で逮捕 スーパーで従業員にケガ負わす

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2022/11/26
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

逮捕されたのはパン屋を経営する36歳の男でした。

札幌市豊平区に住みパン屋を経営する祐川春樹容疑者(36)は10月30日夜、札幌市豊平区平岸1条12丁目にあるスーパーで、閉店後に通用口で、従業員の60代男性に無言で包丁を突き付け、ケガを負わせた強盗致傷の疑いが持たれています。

男性は祐川容疑者ともみ合いになった際に右手を切るケガをしました。

警察が防犯カメラの映像などを解析し祐川容疑者の容疑が固まり25日逮捕しました。

祐川容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。

祐川容疑者は11月5日に別の窃盗などの事件でも逮捕されていて、「コロナで会社の売り上げが激減した」などと話しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加