報徳学園が敗退 プロ注目の久野は登板せず

報徳学園が敗退 プロ注目の久野は登板せず

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/04
No image

報徳に完封勝ちして、喜ぶ捕手島崎(右)ら神港学園ナイン(撮影・中西幸大)

「春季高校野球兵庫大会・準々決勝、神港学園2-0報徳学園」(3日、高砂市野球場)

報徳学園がベスト8で姿を消した。

先発は背番号「10」田村剛平投手(3年)。三回までは安打を許しながらも、粘りの投球で得点を与えない。しかし四回。2死から右前打を浴びると、9番・小澤俊之介外野手(3年)に少し浮いた速球を捉えられ2ランを被弾。一瞬顔をゆがめたが、すぐさま切り替え五回まで投げきった。

六回からは向高滉人投手(3年)、森新之助投手(3年)の継投で無失点。追加点は許さなかった。この日はプロ注目・久野悠斗投手(3年)は登板しなかったが、大角監督は「久野以外の投手をどれだけ育てられるか」とエース以外の成長を望んだ。

昨秋は県2回戦で敗退し、今春はベスト8。悔しさを糧に、夏こそは頂点まで登る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加