【倹しい】はなんて読む?質素という意味の言葉です

【倹しい】はなんて読む?質素という意味の言葉です

  • Ray
  • 更新日:2022/06/23

「倹しい」はなんて読む?

「倹約」という言葉でよく見られる漢字「倹」。

音読みで使われることがほとんどの漢字ですが、実は訓読みもあるのです。

「倹しい」と書いた場合、いったいなんと読むのでしょうか。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

No image

果たして、正解は?

正解は「つましい」でした!

「倹しい」とは、生活の仕方が地味で質素なこと。例えば「倹しい一人暮らし」といった使い方をします。

ちなみに「倹やか」と書くと「つづまやか」と読み、これも「倹しい」と同じ意味です。

例えば「倹やかな生活ぶり」のような使い方をします。

どちらも、出費をできるだけ少なくするという意味の「倹約」と似たイメージの言葉ですね。

ちなみに「倹約」の「約」にも「約しい(つましい)、約やか(つづまやか)」という訓読みがありますよ!

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)

あわせて読みたい

💖【誂える】って読めますか?オーダーメードと同じ意味です

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加