関西にも北海道の特産品を...「どさんこプラザ」が大阪に出店

関西にも北海道の特産品を...「どさんこプラザ」が大阪に出店

  • HBCニュース
  • 更新日:2021/09/22
No image

動画は元記事でご覧いただけます

道内の特産品を扱うアンテナショップ「北海道どさんこプラザ」が、15日、大阪の「あべのハルカス」にオープンしました。関西では初めての出店です。

「大阪のランドマーク、『あべのハルカス』です。地上300メートル。日本一の高さを誇るビルに、北海道どさんこプラザが、きょうオープンしました」(岸本尚美アナウンサー)

「北海道どさんこプラザ」は、首都圏を始め、国内外に13店舗ありますが、関西への出店は初めてです。

「たくさんの商品がそろっています。北海道のおみやげ屋さんに来たような感じです」(岸本尚美アナウンサー)

「関西に出店するのが一つの目標だった。あべのハルカスがランドマーク的な存在。北海道の魅力をPRするには絶好の場所だと思っている」(北海道食関連産業局・藤井琢英課長補佐)

店内には北海道自慢の品々およそ700点が出品されています。中でも目に付くのが…

「こちらはカレーのコーナーです。スープカレーに加えて甘エビカレーやホッキカレーなど道内の食材を使ったカレーも充実しています」(岸本尚美アナウンサー)
「巣ごもり需要というか内食需要が今高まっているので、この店ではとくに食卓で北海道の食を感じてもらいたい」(北海道食関連産業局・藤井琢英課長補佐)

道産品のアピールに貢献してきた百貨店の物産展などが、コロナ禍で中止や規模が縮小される中、「北海道どさんこプラザ」の大阪への進出は、関西より西への販路拡大を視野に入れた前線基地ともいえるようです。

9月15日(水)「今日ドキッ!」午後5時台

HBC北海道放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加