久保建英に新たな新天地候補が浮上...現地メディア「レンタルを正式に要請した最初のチーム」

久保建英に新たな新天地候補が浮上...現地メディア「レンタルを正式に要請した最初のチーム」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/06/10
No image

エスパニョールがMF久保建英の期限付き移籍での獲得に乗り出したようだ。スペイン『GRADA3』が『OKディアリオ』の報道を基に伝えている。

エスパニョールは2019-20シーズンのラ・リーガ1部で最下位に終わり、27年ぶりに2部降格となった。それでも今季のリーガ2部で優勝を飾り、1年での1部復帰を決めている。同メディアによると、今夏の移籍市場で予算が限られているクラブは、低コストで戦力を補強する必要があり、その獲得ターゲットの1人が久保だという。

同メディアは久保が来季、所属元のレアル・マドリーでプレーすることはないだろうとの見解を示し、「彼は再びレンタル移籍をすることになるはずだ」とレポート。エスパニョールは「彼のレンタル移籍を正式に要請した最初のチーム」とし、現在レアルは検討中とのことだ。同メディアは「エスパニョールだけで決められる話ではないため、あくまで合意された場合にのみ実現することになる」と付け加えた。

久保はレアル加入1年目の昨季にマジョルカへ期限付き移籍し、リーグ戦35試合で4ゴール5アシストを記録。今季はビジャレアルヘタフェにレンタル加入し、リーグ戦合計31試合の出場で1ゴール1アシストをマークした。同メディアは「この2シーズンの出場機会は安定しなかったが、20歳の若手選手としては非常に質の高い内容であった」と、ポテンシャルの高さを認めている。

先日には古巣マジョルカのほか、スペイン1部クラブやヨーロッパのビッグクラブが獲得を狙っているとの報道があり、今夏も久保の去就は大きな注目を集めそうだ。

●海外組ガイド

●ラ・リーガ2020-21特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加