TRI4TH×SANABAGUN.念願の初対バンでクアトロを熱く揺らした一夜

TRI4TH×SANABAGUN.念願の初対バンでクアトロを熱く揺らした一夜

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2020/10/16

TRI4THSANABAGUN.による対バンライブ「QUATTRO MIRAGE x LIVE LOVERS『Quattro Mirage 2020』」が昨日10月15日に東京・渋谷CLUB QUATTROにて行われた。

No image

「The Light」を披露するTRI4THと岩間俊樹(SANABAGUN.)。(撮影:森下友加里)

すべての画像を見る(全10件)

「QUATTRO MIRAGE」は2010年にスタートした「ありそうでなかった組み合わせ」をコンセプトにしたライブシリーズ。この日の公演は新型コロナウイルスの感染防止対策のため、限られた人数での有観客ライブに加え、リアルタイムで生配信を行う“ハイブリッド形式”で実施された。

No image

先攻のSANABAGUN.は、威勢のいい掛け声をフロアに放ちステージへ。澤村一平(Dr)が刻むビートに合わせて楽器隊がソロ回しをする「M.S」を自己紹介がてらに届けた。高岩遼(Vo)と岩間俊樹(MC)が「俺らがレペゼンゆとり教育。平成生まれのヒップホップチーム、これがSANABAGUN.だ、味わえ」と宣言したのを機に8人は、アクセルを踏み込むように激しいパフォーマンスを展開。高橋紘一(Tp)の奏でる伸びやかなフレーズや大樋祐大(Key)が弾く涼やかな旋律が魅力の「PLAY GROUND」、大林亮三(B)のファンキーなフレーズが炸裂する「8 manz」、ホーン隊のアンサンブルに乗せて高岩と岩間が軽快な掛け合いを繰り広げる「居酒屋JAZZ」など、ダイナミックかつボルテージの高いナンバーをフロアに次々と叩き込む。中盤では隅垣元佐(G)がフロントマンとして、高岩と岩間と共に3MCスタイルで情熱的な掛け合いを披露しファンを盛り上げた。

No image

MCで高岩と岩間はTRI4THのニューアルバム発売を祝いつつ、「我々SANABAGUN.もメジャーデビュー5周年を迎えます。それに伴い、10月21日に5周年を記念する配信ライブを行いますので、ぜひともチェックしてください」とアピールする。そんなトークから続いたのは、SANABAGUN.が自分たちやTRI4THが所属するカルチャーシーンに向けての愛を込めた「Somebody」。先ほどまでの激しい雰囲気を払拭し、シックな空気でフロアを包み込んだ。艶のあるバラードで観客や視聴者をひと息つかせたのに続いて、SANABAGUN.の面々はダンサブルな「人間」、高岩の朗々としたボーカルが冴える「FLASH」をプレイ。岩間がラストで「次はTRI4TH!」と節を付けてシャウトする中、熱い余韻を残して出番を終えた。

No image

TRI4THのメンバーはステージに足を踏み入れると、静かに手を重ね合わせ気合いを入れる。そして腕慣らしのように「EXIT」をゆったりと奏で、自分たちのペースを作り出した。曲が終わったタイミングで伊藤隆郎(Dr)は「踊れるジャズバンドTRI4THです。よろしくお願いします!」とシャウトしたのち、激しくドラムを叩きながらロックテイスト全開の「Bring It On」になだれ込んだ。メンバー紹介を兼ねたMCを経て、織田祐亮(Tp)と藤田淳之介(Sax)がせめぎ合うようにプレイを繰り広げる「FULL DRIVE」へ。ノリのいいサウンドに合わせてオーディエンスも腕を突き上げ、「踊れるジャズバンドTRI4TH」の真髄を全身で味わっていた。

竹内大輔(Key)の早弾きピアノがバンドを牽引する「Freeway」を経て、伊藤は「東京のライブハウスでのライブは1年ぶりです。1年ぶりに帰ってこれてうれしいです」「念願叶ってSANABAGUN.とツーマンができて本当にうれしいです」と噛みしめながら語る。さらに5人で演奏できる喜びや、オーディエンスの前でパフォーマンスができるうれしさを明かし、美しいピアノの旋律を軸に雄大なアンサンブルが奏でられる「Green Field」につなげた。スケール感あふれるナンバーで観客と視聴者を魅了したあと、5人は再びエンジンを加速させるようにエネルギッシュなナンバーを連投。藤田のプレイをフィーチャーした「Guns of Saxophone」や、関谷友貴(B)のグルーヴィかつ小気味のいいベースラインが光る「Sand Castle」、ポジティブなムードたっぷりのスカチューン「For The Loser」を息をつかせる間もなくパフォーマンスする。「Sand Castle」では伊藤がドラムセットを飛び出してスカダンスを観客にレクチャーして、フロアに一体感と熱狂をもたらした。

No image

なんと言ってもこの日一番のハイライトとなったのは、岩間を迎えて披露されたアンコール1曲目の「The Light」。ホーン隊のダイナミックな音色と、伊藤の「紹介します! 岩間俊樹 from SANABAGUN.」という呼び込みで、「The Light」のミュージックビデオと同じ車掌姿で岩間が現れると、フロアも配信のチャット欄も大盛り上がり。岩間の低くセクシーなラップとTRI4THの奏でるサウンドが高らかに響き渡った。岩間を送り出したあと伊藤は「SANABAGUN.と新しいことにチャレンジしたいですし、一緒にコラボしたいと思っているので末長くよろしくお願いします」とSANABAGUN.と再競演を熱望し、ファンへのプレゼントとばかりに最新アルバム「Turn On The Light」を携えてのワンマンツアーの開催をアナウンス。伊藤の「またライブハウスでお会いしましょう」という言葉を合図に、5人は「Turn On The Light」のオープニングを飾る「Move On」を迫力たっぷりにパフォーマンスしてステージを降りた。

なおTRI4THとSANABAGUN.の初対バンが実現したライブのアーカイブ映像は、配信チケット購入者を対象に10月18日23:59まで公開中。

「QUATTRO MIRAGE x LIVE LOVERS『Quattro Mirage 2020』」2020年10月15日 渋谷CLUB QUATTRO セットリスト

SANABAGUN.

01. M.S
02. PLAY GROUND
03. 8 manz
04. 居酒屋JAZZ
05. 三種の神器
06. デパ地下
07. C.$.C
08. Somebody
09. 人間
10. FLASH

TRI4TH

01. EXIT
02. Bring It On
03. FULL DRIVE
04. Freeway
05. Green Field
06. Guns of Saxophone
07. Sand Castle
08. For The Loser
<アンコール>
09. The Light
10. Move On

TRI4TH「Turn On The Light Tour」

2020年12月11日(金)大阪府 梅田CLUB QUATTRO
2020年12月12日(土)愛知県 CLUB UPSET
2020年12月17日(木)東京都 LIQUIDROOM

SANABAGUN.配信ライブ「渋谷ジョークRETURNS」

配信日時:2020年10月21日(水)20:00~
配信URL:https://l-tike.zaiko.io/e/sanabagunshibuya

※高橋紘一の「高」ははしごだか、大樋祐大の「祐」は旧字体が正式表記。

音楽ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加