【訃報】彫刻家の和泉正敏さん(82)死去 イサム・ノグチの活動を20年以上支える

【訃報】彫刻家の和泉正敏さん(82)死去 イサム・ノグチの活動を20年以上支える

  • KSB瀬戸内海放送
  • 更新日:2021/09/15

石の彫刻家でイサム・ノグチ日本財団の理事長でもある和泉正敏さんが9月13日、肺がんで亡くなりました。82歳でした。

和泉さんは自らも石の仕事に携わる傍らで、彫刻家、イサム・ノグチの制作活動を20年以上にわたってサポートしてきました。

1999年には現在の高松市牟礼町にイサム・ノグチ庭園美術館をオープンさせ、イサム・ノグチ日本財団の理事長も務めていました。

財団によると和泉さんは、9月13日に高松市の自宅で肺がんのため亡くなりました。82歳でした。

葬儀は近親者のみで15日に行いました。

KSB瀬戸内海放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加