西武、自力CS消滅 辻監督が悔やんだ十亀の替えどき

西武、自力CS消滅 辻監督が悔やんだ十亀の替えどき

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/10/17
No image

◆西武1-4オリックス(17日、メットライフドーム)

西武が敗れ、今季のオリックス戦の負け越しが決まり、自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が消滅した。

今季初先発の十亀が6回5安打3失点で黒星。中盤の2本塁打で沈んだ。十亀は「立ち上がりはランナーを出しながらもいい感じで投げることができたと思うけど、2本のホームランが余計でした」とコメントした。

両チーム無得点で試合が進み、5回に大下に先制のソロ被弾、6回にはモヤに2ランを浴びた。試合後、辻監督は「しっかり投げてくれたと思います。5回は仕方ないとして、その後がね。モヤにもしヒットでも打たれたら替え時かなと思っていたけど、ホームランだったから想定外だった。やっぱり替え時が難しかった。今になってみれば5回ぐらいで球速も落ちてきたし、(交代を)考えれば良かったのかなという反省もある」と振り返った。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加