「私はカマディスタ」鎌田大地に惚れ込んだドイツ人ジャーナリストが熱烈な“ラブレター”を公開!「彼は特別だ」

「私はカマディスタ」鎌田大地に惚れ込んだドイツ人ジャーナリストが熱烈な“ラブレター”を公開!「彼は特別だ」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/02/22
No image

「ダイチは違いを作り出せる」と信頼を寄せているヒュッター監督。 (C)Getty Images

No image

熱烈なドイツの”カマディスタ”が鎌田の凄さを綴った。(C)Getty Images

現地時間2月20日に行なわれたブンデスリーガ第22節のバイエルン戦で1ゴール・1アシストと躍動し、鮮烈なインパクトを残した鎌田大地。2-1で絶対王者を撃破する立役者のひとりとなった日本人アタッカーに、あるドイツ人ジャーナリストが熱烈な想いを明かしている。

これまでに複数のフットボール関連の著作を出版している51歳のロナルド・レング氏は、ドイツ誌『Spiegel』への寄稿で、鎌田について「彼を見ているだけで幸せになる」とその稀有なタレント性を称えている。

「偉大なサッカー選手を発見する瞬間というのは、恋に落ちるようなものだ。一目惚れして、心臓が狂いそうなほど脈打つ。私は鎌田大地に同じことを感じている。娘にテレビの前で何をしているのかと聞かれても、ほとんど答えない。なぜならサッカーを見ているからだ。というよりも、『鎌田を見ている』。

誰がブンデスリーガで優勝するとか、世界の強豪チームが展開する戦術だとかに興味はない。私は日本から来た24歳のワンダーボーイが、フランクフルトでどう成長していくかが知りたい」

このように熱烈に鎌田への思い入れを記したラング氏は、「2019年8月1日、サッカーが見たいという息子に付き合ってヨーロッパリーグのフランクフルト対フローラ・タリンを観戦」して才能に出会い、「撃ち抜かれた」と明かしている。
「ただのパスの受け渡しだった。背番号40のアイントラハトの選手は、素晴らしい繊細さでボールを受けて取め、巧妙なテクニックでパスを出していた。彼の動きには信じられないほどの軽快さ、楽さがあった。

まるで身体を持たずに、崇高とも思えるセンスとフィーリング、きらめくメンタリティのみで生きているかのようなプレーだった。こんなものはめったに見たことがないと思った。彼はフィールドで地面から離れ、浮遊しているかのように楽々と、そして堂々としていた」

ラング氏はそれ以来、鎌田のことを追い続けているという。試合の中継を見るだけではなく、生観戦するために往復1600kmのドライブをしたり、ジャーナリスト仲間、フットボールファンとその凄さを語り合ったりしているそうだ。

【動画】ホッフェンハイム戦で魅せた鎌田の50メートル超の美パス&バイエルン戦の1G1Aはこちら「友人にはバイエルンやドルトムントを好きなように、彼が好きなのか?と聞かれる。だが、私はファンではない。彼を慈愛に満ちた目で見ているが、同時に冷たく分析的な視点からも見つめている。つまり、私はカマディスタだ。鎌田研究家といえばいいだろうか」

そして改めて、鎌田の魅力をこのように綴っている。

「彼がボールに触ると、試合全体が変わる。ホッフェンハイム戦(2月6日)では50メートル近い正確なパスを繰り出した。フィリップ・コスティッチはこの恣意的なパスを受け取った後、アンドレ・シウバのゴールをお膳立てした。別の試合で、鎌田はエリア内の3人をドリブルで翻弄した後、素知らぬ顔で中央のFWの前にボールを送った。ゴールに背を向けた状態で『何もできないだろう』と思う場面でも、しれっとヒールパスを送るのだ。

世界にはもっと効率的でもっと優れた選手はいる。それでも鎌田は、ボールに触れた瞬間に特別な存在に見える。彼はサッカーにおいて最も難しい部分、アイデアを吹き込むということをマスターしているからだ」

そして、鎌田を見守る“同志”として、意外な人物を挙げた。
「フランクフルトのアディ・ヒュッター監督は、世界で2番目にタフな“カマディスタ”だ。彼こそが鎌田を不動のものにした。24歳のプレーヤーは、ゴール前で時に躊躇し、守備面でもたつくことがある。

実際に、シーズン前半はボールロストが多く、乱れたプレーをしていた。だが、ヒュッター監督は偉大な選手のフォームは行ったり来たりすることを知っている。だからこそ、彼は鎌田を手元に置き、起用し続けているのだ」

ここ最近はドイツ・メディアも鎌田に注目し、取り上げられる機会は増える一方だ。フランクフルトは現在、チャンピオンズ・リーグ(CL)出場圏内の4位を維持し、鎌田は3ゴール・11アシストという結果を残し、クラブの快進撃に貢献している。

「私が出会った才能は、CLに出場する選手になるための道を着実に歩んでいる。彼の“アイデア”が実現する機会が増えるごとに『私は2年前に知っていた!』と誇らしい気分になるわけではない。ただ、彼を見ているだけで幸せな気分になるのだ」

ドイツの地で、目の肥えたジャーナリストを魅了している鎌田。唯一無二の“魅力”にとり付かれる人々は、これからも増えていくに違いない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ホッフェンハイム戦で魅せた鎌田の50メートル超の美パス&バイエルン戦の1G1Aはこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加