専大松戸2番手・岡本 143球熱投でサヨナラ呼ぶ 延長13回タイブレーク無失点で切り抜けた

専大松戸2番手・岡本 143球熱投でサヨナラ呼ぶ 延長13回タイブレーク無失点で切り抜けた

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/22

◇第103回全国高校野球選手権千葉大会決勝 専大松戸10ー6木更津総合(2021年7月21日 ZOZOマリン)

No image

<専大松戸・木更津総合>タイブレークの13回を無失点で抑えた専大松戸・岡本(撮影・長久保 豊)

専大松戸の2番手で登板した背番号11の岡本陸(3年)が延長13回まで143球を投げ抜き、サヨナラ勝ちに導いた。

0―3の4回無死一塁からエースの深沢鳳介(3年)を救援し「悪い流れを断ち切ろう」と三直併殺など無失点で切り抜けた。

先発した千葉明徳との準々決勝でも延長11回まで1失点に抑えた右腕が、13回のタイブレークも無失点で切り抜け「持ち味の直球で押せた」と胸を張った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加