永瀬清子賞 県内小中生の詩募る 赤磐の推進委など、1人1点

永瀬清子賞 県内小中生の詩募る 赤磐の推進委など、1人1点

  • 山陽新聞デジタル
  • 更新日:2022/08/06
No image

永瀬清子さん(赤磐市教委提供)

日本を代表する女性詩人・永瀬清子さん(1906~95年)=赤磐市出身=を顕彰する「赤磐市永瀬清子の里づくり推進委員会」などは、県内の小中学生を対象にした詩のコンクール「第20回永瀬清子賞」(山陽新聞社後援)の作品を募っている。

小学校低学年(3年生以下)▽同高学年(4年生以上)▽中学生―の3部門。400字詰め原稿用紙3枚以内の未発表の自由詩が対象で、1人1点応募できる。永瀬さんの次女でエッセイストの井上奈緒さん、元県詩人協会長の重光はるみさんら7人が審査し、部門ごとに優秀賞1点、佳作2点程度、奨励賞2点程度を選ぶ。

締め切りは9月30日(当日消印有効)。問い合わせや申し込みは同市教委熊山分室(086―995―1360)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加