大倉忠義演じる元春が二度目のタイムワープ!妻が澪から沙也佳に入れ替わり...『知ってるワイフ』第2話

大倉忠義演じる元春が二度目のタイムワープ!妻が澪から沙也佳に入れ替わり...『知ってるワイフ』第2話

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2021/01/14
No image

大倉忠義演じる元春が二度目のタイムワープ!妻が澪から沙也佳に入れ替わり…『知ってるワイフ』第2話

関ジャニ∞の大倉忠義と広瀬アリスが夫婦役で出演する木曜劇場『知ってるワイフ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第2話が、1月14日に放送される。

【無料動画】大倉忠義演じる元春が二度目のタイムワープ!妻が澪から沙也佳に入れ替わり…『知ってるワイフ』第2話

韓国の有料ケーブルテレビチャンネル・tvNで2018年に放送され、大ヒットを記録した同名ドラマを原作とした本作は、「結婚生活、こんなはずじゃなかった! あの頃に戻って人生をやり直したい!」と日々嘆く恐妻家の主人公・剣崎元春(大倉)が、ある日突然過去にタイムスリップして、妻を入れ替えてしまうところから始まるファンタジー・ラブストーリー。

先週放送された第1話では、元春と澪(広瀬)の出会いから結婚、そして現在が描かれた。元春と澪が衝突する描写には反響が殺到。「広瀬アリスの怒りと泣きの演技上手くて切なくて辛くて泣けたー」「元春も澪も、真のダメ夫でも悪妻でもないからドラマ見てて嫌な気持ちにはならないんだよなー。要領悪かったりタイミング悪かったりでお互い余裕がないだけで」「なんかほんと、両方の気持ちわかるなー。広瀬アリスちゃんの気持ちもめっちゃわかるし大倉くんの気持ちもわかる。でもどっちかって言うと大倉くんの方がダメ夫だな」などの声があがっていた。

<第2話あらすじ>
“人生は変えられる”。剣崎元春(大倉)は謎の男、小池良治(生瀬勝久)からもらった平成22年(西暦2010年)の500円硬貨で、二度目のタイムワープを試みる。目覚めたのは、2010年の江川沙也佳(瀧本美織)からコンサートデートに誘われた日だ。記憶と同じく、元春は沙也佳とデートを約束。コンサートホールに急ぐ元春は建石澪(広瀬)とすれ違う。元春は澪と話すことはなく、そのまま沙也佳とのデートに向かった。帰りに沙也佳から告白された時、元春の周囲が光に包まれる。

元春が目を覚ましたのは見知らぬ部屋。しかし、隣で寝ているのは沙也佳だ。元春が時計を見ると、表示は西暦2020年。妻は澪から沙也佳に入れ替わり、住んでいる家は超豪華。優しい沙也佳に送り出され、高級車に乗って出勤。元春は望んでいた結婚生活を手に入れた。

銀行に出勤して同僚・津山千晴(松下洸平)と話した元春は、以前の人生では津山は結婚して双子の子供持ちだったが、今の人生では独身になっていることを聞き、周囲の人々が微妙に変化していることを知る。そして元春も澪との間にいた子供たちもいなくなってしまい、涙を流して後悔する元春。しかし、今回の人生こそ幸せに生きると決意。そんな元春の前に、なんと同僚として澪が現れる。独身であおい銀行に勤務する澪は、異動してきて元春と同じ支店で働くことに……。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加