NFTのリゾート会員権を売買できる「ニュート」が気になる。第一弾は伊豆!

NFTのリゾート会員権を売買できる「ニュート」が気になる。第一弾は伊豆!

  • Techable
  • 更新日:2023/01/25

株式会社Pictors & Companyは、デジタル会員権プラットフォームneut(ニュート)をプレオープンしました。

このサービスにより、リゾート会員権をオンラインで、自由に売買することができます。

デジタル会員権プラットフォーム「neut(ニュート)」特徴は5つ

No image

1、ニュートは、ホテルや別荘など自宅や職場とは隔離された、心地のよい居場所を共同所有することが可能です。

2、リゾート権ならではのサービス
対象となるホテルについて、会員であれば優先的に予約することが可能で、祝日など予約が取りづらい日にも活用できます。

3、NFT技術を活用
会員権データはEthereumのブロックチェーン上に記録されるため、対象のホテルについて毎年決められた日数使うことができます。

4、会員権の売買はいつでも可能
Neutで買った会員権は、いつでも好きな時に自由に売買をすることができます。
保有者が自らの好きなタイミングで好きな方法で、売買ができるのが特徴です。

5、家族や友達に譲渡できる
デジタル会員権は、会員が受け取ることができるサービスについて、家族や友達に譲渡することができます。

ニュートが取り扱う会員権の第一弾は、伊豆の海を望める一棟貸切ホテル「PLAYLIVING IZU」の会員権です。

会員権概要

No image

PLAYLIVING IZU のデジタル会員権を有しているユーザーは毎年1泊分のチケットを受け取ることができ、有効期間は20年間となっています。

価格は50万円で今年の春に販売開始を予定しています(参考通常宿泊単価:6名利用時で約10〜13万円/1泊)。

PR TIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000027999.html

(文・川口祐司)

kawaguchi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加