余命120日の大病から生還、でも“その後”は?宮川サトシが綴る「闘病『後』日記」

余命120日の大病から生還、でも“その後”は?宮川サトシが綴る「闘病『後』日記」

  • コミックナタリー
  • 更新日:2022/11/25

宮川サトシによる新連載「闘病『後』日記」が、本日11月25日に光文社のWebサイト・COMIC熱帯でスタートした。

No image

「闘病『後』日記」第1話扉ページ

すべての画像を見る(全3件)

今からおよそ20年前の学生時代に、医師が余命120日と診断するような大病を患い、“奇跡の生還”を果たした宮川。宮川は当時を振り返り、「退院したあとってどうなるんだろう」「闘病後の世界をどう生きていけばいいのかさっぱりわからない」という気持ちを抱えていたと綴る。「闘病『後』日記」はそんな宮川が、自身の歩んできた“闘病後の世界”と、世界的なパンデミックを経た“今”を描いていくコミックエッセイだ。

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加