テイラー・スウィフト、新作グッズの「盗作疑惑」に早急に対応。その背景とは?

テイラー・スウィフト、新作グッズの「盗作疑惑」に早急に対応。その背景とは?

  • rockinon.com
  • 更新日:2020/07/31
No image

先日、ニュー・アルバム『フォークロア』をサプライズ・リリースしたテイラー・スウィフト。そんななか、新たに発表したグッズのロゴが他のブランドの物に酷似していることを指摘され、早急に対応していたことがわかった。

E!NEWS」によると、テイラーは『フォークロア(Folklore)』の発売に合わせてオンラインで新作グッズの販売を開始。それを見たオンライン・セレクトショップ「The Folklore」の黒人女性オーナーAmira Rasoolさんが、あまりにも自身のブランドとテイラーのグッズのロゴが似ているとSNSで指摘。

No image

from Instagram

すると、この指摘を受けたテイラーのチームは、速やかに新作グッズのロゴ「The Folklore」の「The」を取ることで対応し、現地時間7月28日(火)に「Good Morning America」にて次のような声明を発表したとのこと。

「先日、私たちはアルバム『フォークロア』のいくつかのグッズで、(ロゴの)「folklore album」の前に「the」を使用したことが問題だと指摘をもらいました。「folklore album」の前に「the」を使用した商品は、現時点では製造されておらず、出荷もされていません。

私たちは誠意をもって彼女(Amiraさん)の要求を尊重し、すでに「folklore album」の前に「the」が付いた商品を注文してくださった全員に、デザインが変更された商品が届くことを直ちにお知らせしました」

このテイラー側の迅速な対応についてAmiraさんはInstagramの投稿で、「テイラーのチームが、私の会社「The Folklore」のブランドに損害を与えたことを認めてくれたことを称えます。私は、テイラーがクリエイティブな権利を守る女性を強く支援してきたことを理解しています。彼女のチームが同じスタンスだとわかって嬉しかった」とコメントしていた。

その後にテイラーは、ロゴを修正した商品の動画を自身の公式Instagramページに投稿。テイラーは、黒人の権利を守り、差別撤廃を訴える運動「Black Lives Matter」を支援しており、盗作疑惑の迅速な対応の背景には、「黒人女性オーナーのビジネスの妨げにならないよう、応援したい」という考えがあったようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加