“わいせつ教師”の処分歴閲覧 40年に大幅延長

“わいせつ教師”の処分歴閲覧 40年に大幅延長

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/09/15
No image

動画を見る(元記事へ)

わいせつ行為などで懲戒免職になった教師の処分歴を見られる期間が3年から、40年に大幅に延長されることになりました。

文部科学省は15日、児童や生徒へのわいせつ行為などで懲戒免職になった教師の処分歴を教育委員会などが閲覧できる期間を3年から、40年にすると発表しました。懲戒免職で免許が失効した教師は現在の法律では3年後に再び取得できます。これまではその3年分に限り、教師の懲戒免職の処分歴を検索することができました。しかし、教師によるわいせつ事件が相次いでいることから、刑期の上限30年と執行後に刑が消滅するまでの10年を合わせた40年分を検索できるようにするということです。わいせつ教師を巡っては、免許の再取得に関する法律の改正も検討されています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加