燕・久保、投手・堀田に与四球後...野村弘樹氏「この経験を忘れてはいけない」

燕・久保、投手・堀田に与四球後...野村弘樹氏「この経験を忘れてはいけない」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2022/08/06
No image

ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める野村弘樹氏

● ヤクルト 5 - 9 巨人 ○
<19回戦・神宮>

5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた野村弘樹氏が、ヤクルト・久保拓眞の投球について言及した。

1-3の6回一死一、二塁で登板した久保は大城卓三を遊併に抑えたが、イニングまたぎとなった7回、先頭の岡田悠希を二ゴロに仕留める。しかし、続く投手・堀田賢慎に初球、2球とボールとなると、3ボール2ストライクから投じた6球目に四球を与えてしまう。

野村氏は「今明らかにふっと気が抜けていますね。初球からボール、ボールで球速も全くでていない。打ってこないだろうと思って軽く投げてボール、ボールとなって、心理的に“ヤバイ”となるんですよ。僕も何度もこういう経験していますから、そこからストライクを入れにいっても四球というところで、一番やってはいけないことをやっているんですよね」とチクリ。

久保は続く吉川尚輝の犠打で、二死二塁としたところで降板。後を受けて登板した大西広樹が代打・ウォーカーに適時二塁打を浴び失点する。

野村氏は「僕はピッチャー目線で見てしまうので、久保のピッチャーの四球が結局重い1点を与えてしまったなと。ああいうところで久保はしっかりしていかないと、さらに信頼してもらうピッチャーになっていくためにはね。隙ですよね。この経験を久保を忘れてはいけないと思います。二度としてはいけないと思います」と投手に四球を与える怖さについて語った。

大西は勢いのついた巨人打線を止められず丸佳浩、岡本和真に連続適時打、さらにポランコに2ランを許しこの回だけで5点を失った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加