ソフトバンク・グラシアル日本S初4番で存在感抜群

ソフトバンク・グラシアル日本S初4番で存在感抜群

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/21
No image

2回表ソフトバンク無死、グラシアルは右前安打を放つ(撮影・梅根麻紀)

<SMBC日本シリーズ2020:巨人1-5ソフトバンク>◇第1戦◇21日◇京セラドーム大阪

ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル内野手が日本シリーズ初の4番で存在感を示した。

自身3度目の大舞台。2回、菅野の速球に詰まりながら右前へチーム初安打を放ち、栗原の先制2ランを呼んだ。

6回も2死一塁で再び詰まった右前打で好機拡大。いずれも得点に絡むマルチ安打になった。昨季は日本シリーズMVP。勝負強さは健在だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加