日越首脳が中国を念頭に「深刻な懸念」を表明

日越首脳が中国を念頭に「深刻な懸念」を表明

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/11/25
No image

動画を見る(元記事へ)

岸田総理大臣は来日しているベトナムのチン首相と会談し、南シナ海で軍事的な活動を活発化させる中国を念頭に、「深刻な懸念」を表明するなどとした共同声明を発表しました。

岸田総理にとって、来日した外国首脳との会談は初めてです。

共同声明では南シナ海での中国の海洋進出を念頭に、「深刻な懸念」を表明し、「軍事化や現状変更など一方的な行動を取らないよう関係国に求めていく」方針を確認しました。

そのうえでベトナムに対し、艦艇など防衛装備品の輸出に向けた協議を加速させていく方針で一致しました。

また岸田総理から、およそ150万回分の新型コロナワクチンを追加供与する考えを表明しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加