綾瀬はるか「来れてうれしいなし!楽しんで帰ってくなんしょ」大河以来参加の会津まつりで会津弁

綾瀬はるか「来れてうれしいなし!楽しんで帰ってくなんしょ」大河以来参加の会津まつりで会津弁

  • 日刊スポーツ(エンタメ)
  • 更新日:2022/09/24
No image

「会津まつり」の会津藩公行列に参加した綾瀬はるか

女優綾瀬はるか(37)が23日、福島県会津若松市で開催された「会津まつり」の会津藩公行列に参加した。

綾瀬は13年のNHK大河ドラマ「八重の桜」で、会津出身の主人公、八重を演じたことをきっかけに、会津まつりに参加している。今回は3年ぶり7回目の参加となった。

戦闘衣装に色打掛の姿の綾瀬は、は鶴ケ城本丸で行われた出陣式に登場、「会津まつりに来れてうれしいなし! 今日は最後まで楽しんで帰ってくなんしょ!」と、会津弁で声を掛けた。「うれしいなし」は「大変うれしいです」、「帰ってくなんしょ」は「帰ってくださいね」の意味。

会津まつり70回の節目の年で、会津藩公行列には約12万人が集まった。来場者からは「八重ちゃん、おかえり!」「来てくれてありがとう!」などの歓声が起こった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加