フジ医療器、業界最小幅で曲線フォルムを採用したマッサージチェア

フジ医療器、業界最小幅で曲線フォルムを採用したマッサージチェア

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/04/07
No image

フジ医療器は4月7日、コンパクト設計かつインテリア性の高いデザインを採用したマッサージチェア「ルームフィットチェア グレイス AS-R500」(以下、AS-R500)を発表した。4月10日に発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は129,800円前後。

フジ医療器の新型マッサージチェア、スマホ連携で自分だけのマッサージを作れる

業界最小となる幅約55cmを実現し、背中~もも裏までの広範囲をマッサージできる独自機構「マルチムーブメカ」を搭載したマッサージチェア。外出自粛や在宅ワークの増加を背景に、部屋を圧迫しない小型サイズかつデザイン性の高い商品に注目が集まっているとし、「AS-R500」は小型かつ曲線フォルムが採り入れられた。

「マルチムーブメカ」は、広範囲にもみほぐす横回転式と、たたくようにほぐす縦回転式の2種類のもみ玉を採用した機構。もみ玉には計12個の指圧突起が備えられ、「新感覚のもみ心地」を体験できるという。マッサージ範囲は、背中からもも裏まで広範囲にもみほぐせる約91cm。背面上部にBluetoothスピーカーを搭載していることも特徴で、スマートフォンやPCなどと接続し、好みの音楽を流すことができる。

動作範囲は「全身」「上半身」「下半身」から選択可能。自動コースは全身・背中・腰のコースのほか、腰やお尻・もも裏をマルチムーブメカで集中的にほぐす「座集中マッサージ」と、もも横ともも裏に配置したエアーバッグで骨盤まわりの筋肉を包み込んでひねるようにマッサージする「エアーストレッチマッサージ」を用意する。マッサージの強さは付属のパッドで調節できる。

本体サイズはW55×D99×H94cm、重さは約約31.5kg。定格時間は15分で、定格消費電力は30W。張地はPUレザー。カラーはベージュ×ブラウン、ベージュ、ブラウンの3色。

村田奏子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加