智弁和歌山・小林樹、MAX149キロで4回1失点「1点失ったことが反省点」

智弁和歌山・小林樹、MAX149キロで4回1失点「1点失ったことが反省点」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/08/02
No image

2番手で力投する智弁和歌山・小林樹斗(撮影・高部洋祐)

「高校野球和歌山大会・3回戦、智弁和歌山7-4市和歌山」(1日、紀三井寺公園野球場)

智弁和歌山は1点を追う六回1死満塁から平田晃将内野手(3年)が逆転満塁弾を放つと、その裏から2番手で今秋ドラフト候補の最速150キロ右腕の小林樹斗投手(3年)が登板。プロ7球団10人のスカウトが集まった中、4回を5安打1失点4三振でスカウト陣のスピードガンで最速149キロという結果だった。

「相手のポイントになってくる打者が何人かいたので、その打者には力を入れたんですけど、4イニングですけど下位打線とかそういう部分は少し、力を落として投げていた部分もあります」

2回戦の南部戦では九回の1イニングだけの登板で、自己最速の150キロを記録。この日は六回からの4イニングという中で、ペース配分をしながらの投球となったが、それでも最速149キロを記録し、常時145キロを超える直球を投げ込んだ。九回も先頭からの四球と連打などで1点を失ったものの、後続を抑えて最少失点で切り抜けた。

この日も、制球が安定するという6、7割の力の入れ具合での投球。「3イニングをしっかりゼロで抑えられましたけど、最終回に何かあるなと思っていて、案の定1点失ってしまったことが反省点です」と振り返ったが、この日の課題を次に生かし、上を目指していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加