日本ハム野村が10キロ重りつきで打撃練習「訓練」

日本ハム野村が10キロ重りつきで打撃練習「訓練」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/22
No image

重量10キロのウエイトジャケットを着てロングティーする野村(撮影・黒川智章)

日本ハム野村佑希内野手(20)が10キロの重りがついたウエートジャケットを着用し打撃練習を行った。

上半身に負荷をかけることにより、筋力やスイング強化などの狙いがあるようで「上(半身の動き)が抑えられるので、下(半身)に意識はいきやすいかなという感じはある。そういう体の強さをつけるトレーニング、訓練なのかな」と実感していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加