ヤクルトが首位奪還 村上2発&山田ダメ押しで広島撃破 村上は10、11号連発でキング岡本和に1差

ヤクルトが首位奪還 村上2発&山田ダメ押しで広島撃破 村上は10、11号連発でキング岡本和に1差

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/14
No image

7回、2打席連続本塁打となる同点ソロをバックスクリーンにたたき込む村上(撮影・立川洋一郎)

「広島3-5ヤクルト」(14日、マツダスタジアム)

ヤクルトが広島との天王山を制して首位を奪還した。

4番村上が今季初となる2打席連続本塁打を放つと、九回には3番山田にも一発が飛び出し、広島を競り落とした。村上、山田のアベック弾は今季4度目。村上が本塁打を打った試合はこれで5連勝となった。

村上は1-2で1点を追う六回、広島先発の森下の151キロ直球を左翼スタンドへ10号同点ソロ。2-3で1点を追う八回に広島2番手のターリーからセンターへ豪快に11号同点ソロを放った。村上はこの日、2019年から4年連続2ケタ本塁打を記録。セ・リーグの本塁打トップに立つ巨人の岡本和(12本)に1本差に迫った。

3番手で登板した新外国人のコールが1回無失点で来日初勝利。ヤクルトはマツダスタジアムではこれで今季3連勝。昨季も9勝2敗1分けで高勝率をマークしており、好相性の地でカード初戦を獲った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加