ソフトバンク・栗原 貴重な2点二塁打 二回には先制2ラン チームの全打点マーク

ソフトバンク・栗原 貴重な2点二塁打 二回には先制2ラン チームの全打点マーク

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/22
No image

6回、2点適時二塁打を放つ栗原(撮影・高石航平)

「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪)

ソフトバンク・栗原が貴重なタイムリーを放った。

2-0で迎えた六回。2死から柳田が死球で塁に出ると、続くグラシアルが詰まりながらも右前に運び、一、三塁。2死からつくったチャンスに5番に入った栗原が巨人・菅野の外の球を振り抜くと、左中間を深々と破る2点適時二塁打となった。

二回には右翼席へ先制の2ラン。続く四回の第二打席でも右翼への二塁打を放っており、この日これで3安打4打点の大暴れ。先制弾を放った後、「めちゃくちゃ緊張していました」と話していたが、栗原の独り舞台となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加