「速すぎてもう怖い」「気づいたら三塁に」鷹周東の“規格外打”にファン震撼

「速すぎてもう怖い」「気づいたら三塁に」鷹周東の“規格外打”にファン震撼

  • フルカウント
  • 更新日:2020/10/16
No image

適時三塁打を放ったソフトバンク・周東佑京【画像:パーソル パ・リーグTV】

1点ビハインドの3回に右中間真っ二つのタイムリー 滑り込まず悠々三塁へ

■ソフトバンク 9-4 オリックス(15日・京セラドーム)

ソフトバンクの周東佑京内野手が15日、敵地でのオリックス戦で快速を飛ばした適時三塁打を放った。右中間を破る打球で悠々と到達したスタンディングトリプルに、ファンは驚きの反応を見せている。

1点ビハインドで迎えた3回1死二塁の場面。初球を振り抜いた打球は、広々と空いた右中間を真っ二つ。二塁走者の甲斐がゆっくり生還する一方、打った周東はあっという間に三塁に到達。持ち前の快速は打撃にも生きて同点を呼び込び、その後試合は9-4で勝利した。

「パーソル パ・リーグTV」のYouTubeチャンネルでは「周東佑京 “おばけ快足”で『余裕のタイムリー3塁打』」と題して動画を公開。ファンからは「速すぎてもう怖い」「長打が増えて盗塁が減るのはさすがに予想外だった笑」「走攻守の模範解答wwww」「長打打ちすぎて盗塁王とれない説」「コレ見てたけど気づいたら3塁に居た」などの声が上がっていた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加